フィットネスジムで使うスイミングキャップについて

屋内運動5

プールのあるフィットネスジムは多いですが、スイミングキャップを使用しないといけないところがほとんどです。これは髪の毛がプールの中に落ちるのを防ぐためです。ただフィットネスジム側の都合だけでなく、スイミングキャップはかぶっておくことでさまざまなメリットがあるのです。

そこでそれぞれの特徴を紹介するので、購入する時の参考にしておきましょう。

加えてかぶり方についても触れています。

メッシュタイプのスイミングキャップ

メッシュ状になっているスイミングキャップがあります。このタイプの良い点は、とても軽くてかぶりやすいところです。子供でも簡単に扱えるため、学校のプールの授業でも使われることが多いです。しかも通気性が良いので、数時間かぶり続けたとしても蒸れることが少ないですし、頭が熱くならないです。

それからスイミングキャップの中では比較的安価であることが多いおかげで、購入しやすいというのもメリットです。人によっては他のスイミングキャップの下にメッシュタイプをかぶっている人がいます。そうすることで脱ぎ着が簡単になるからです。

ただしメッシュタイプのスイミングキャップにはデメリットがあるのです。中でも髪の毛が濡れるというのが最大の難点です。ほとんどのプールでは消毒のために塩素が使われています。そのため濡れると髪の毛が傷んでしまうのです。

そして短髪の人の場合だと、網目の部分から髪の毛が飛び出してしまい、水の中に落ちる可能があります。そこでフィットネスジムの中には、メッシュタイプのスイミングキャップは禁止になっている場合があるので注意が必要です。

テキスタイルキャップについて

テキスタイルキャップと呼ばれるものがあるのですが、これは水着と同じ素材で作られています。メッシュタイプ同様にかぶりやすく、装着した際や締め付け感が少ないです。そしてこちらも水を通すので、髪の毛が濡れます。

ただしメッシュタイプに比べると網目が小さいので、プールの中に髪の毛が落ちにくいのがメリットです。値段に関してですが、メッシュのスイミングキャップよりも少し高めに設定されている場合が多いです。

2WAYシリコンキャップとは

屋内運動10

外側がシリコン素材になっていて、内側がストレッチ素材が使われているスイミングキャップのことです。メッシュやテキスタイルタイプほどかぶりやすくはないのですが、それでも子供やお年寄りでも扱うのはそれほど困難ではありません。

それに多少は水を通すものの、外側がシリコンなので、髪の毛が抜けても水中に落ちることはほとんどないと言って差し支えがないです。しかし完全な防水ではないですから水の抵抗が大きいため、メッシュやテキスタイルと同様に競技で使用するには向いていません。

シリコンキャップの特徴

シリコンキャップとはシリコンゴムという素材で作られているスイミングキャップのことです。フィットネスジムにあるプールでも、このタイプを使用している人は多いです。水を通さないためタイムを競うならシリコンキャップを使うと良いでしょう。

他にも塩素で髪の毛が傷むのが嫌な人におすすめです。価格は高いものだと一万円近くしますが、安価なシリコンキャップだと数千円で手に入ります。デメリットは何と言ってもかぶりにくいという点が挙げられます。水が内部に入り込まないようにするためには、頭によりフィットしたものを選ばなくてはいけません。

しかしその分締め付けが強く、手の力が弱い人だと一人でかぶれないことがあります。加えて無理やりかぶろうとすると、爪で頭や顔を引っ掻いてしまう恐れがあるのです。しかもきつく締め付けられていますから、長時間使用するのに向きませんし、蒸れるのは避けられないです。

そのため短い時間しかプールに入らない場合や普段はメッシュタイプにしておき、大会の時にだけにかぶるといった使い方をしている人がいます。

ドーム型のシリコンキャップ

一般的なシリコンキャップはかぶると頭の中央に盛り上がりができます。その部分が抵抗になりタイムに影響が出てしまうのです。そこで選ぶと良いのがドーム型のシリコンキャップです。てっぺんの部分が滑らかで頭の形に近い状態になっていますから、水の抵抗が非常に少ないです。

そのためオリンピックなどに出場する選手は、ほぼこのドーム型を使用しています。価格はスイミングキャップの中では一番高価な価格設定になっている場合が多いです。さらに締め付けも一番強いですから、長時間プールに入って運動するのには適していません。

アクアウォーキングキャップ

フィットネスジムのプールに行くと、泳いでいる人だけではありません。膝や腰への負担が少ないからと、ウォーキングしている人がいるのです。その際にシワ加工している帽子をかぶっている場合があるのですが、これもスイミングキャップの一つです。

先述したスイミングキャップに比べると水の抵抗が非常に大きいため、早く泳ぎたい人が使用するには向いていません。しかし締め付けがほとんどないので、長時間かぶっていても痛みなどの不快感は少ないです。そしてアクアウォーキングキャップは主に女性が使用していることが多いのですが、柄がついたおしゃれなものが売られています。

またあえて派手なものをかぶっておけば、人の視線はそちらに向きます。そのためノーメイクでも人の目が気になりにくいです。価格はメーカーによっては差がありますが、数千円で購入できます。

スイミングキャップの正しいかぶり方

スイミングキャップをかぶる際に、髪の毛をすべて入れてしまうのは格好が悪いと考えている人がいます。ただ髪の毛の一部を出した状態だと、泳いでいる最中に乱れて見た目が良くないです。加えてフィットネスジムのプールの中に髪の毛が落ちて汚してしまうため、周りの人に迷惑がかかります。

そのためできるだけ髪の毛はスイミングキャップの中に入れるようにしましょう。ロングヘアーの場合でもきちんとまとめてスイミングキャップをかぶれば、きれいにおさまります。シリコンキャップの場合、初心者だとうまくかぶれないことがあります。

そんな時はスイミングキャップのすそを少し内側に折り込みましょう。そして額の方からかぶっていきます。すると空気が入りにくくきれいにかぶれます。どうしてもうまくできないなら、最初は誰かに手伝ってもらうと良いです。

それから無理してぴったりのものやワンサイズ小さいものを使う必要はありません。若干水が入りますが、脱げない程度の大きさのスイミングキャップにしても構わないです。